top of page

【VR建築】メタバース上で建築する方法


メタバースが日常生活やビジネスにおいて急速に進化する中、メタバース上での建築が注目を集めています。

この記事では、どのようにしてメタバース上で建築が行われているのかを紐解いていきます。

未知のデジタル空間での建築プロセスを理解し、将来の建築の在り方に一歩踏み出してみましょう。



1.メタバースとは?

メタバースは、現実を模倣するのではなく、独自の仮想世界を構築し、参加者に異なる次元での体験を提供するデジタルな空間です。主にVR(仮想現実)やAR(拡張現実)技術、オンラインゲーム、ソーシャルメディアなどが融合して作り上げられます。


まるで現実の延長線上にあるかのような感覚を提供し、参加者が仮想的な空間で自由に行動できるように設計されています。これにより、リアルな制約を超え、新しいアイデンティティを形成し、他のユーザーとの対話やコラボレーションが可能となります。


メタバースは、ビジネス、アート、エンターテインメント分野で大きな影響を与えています。

ビジネスでは、オフィスや会議室を再現し、遠隔地からの参加者とのバーチャルなコミュニケーションが可能となります。

アートやエンターテインメントでは、新しいクリエイティブな表現や没入型の体験が提供され、これまでにない感覚が得られます。


メタバースは、我々の日常を変革し、新たな可能性を探求する場となっています。

未知の領域への冒険が、新しいデジタル次元で待っています。



2.NFT技術を使用した家造り

①NFT技術とは?

NFT(Non-Fungible Token)技術は、分散型台帳技術であるブロックチェーンを基盤として、デジタルアセットに独自の所有権を割り当てる手法です。

デジタルコンテンツや資産に対してユーザーが独占的な所有権を持つことが可能になります。


NFTの特徴は、各アセットが一意で、同じものが存在しないことです。

建築デザインやデジタルアートなど、個別性が重要なコンテンツにおいて非常に有用です。

建築分野では、NFT技術を活用して、デジタルで設計された建築物や家屋に独自のデジタル所有権を割り当て、これを取引可能なデジタルアセットとして扱うことが可能です。


NFTは建築家やデザイナーにとって、彼らの作品に対して独自のデジタルアイデンティティを提供します。

建築物が完成する前からその価値が評価され、デジタルツイン(Digital Twin)としての存在感を強化します。

オーナーシップの透明性と取引の容易性が、新たなデジタル建築のエコシステムを構築する基盤となります。

このようなNFT技術の活用により、建築分野ではデジタルアートと同様に、建築物自体がデジタルで所有され、新たな形態の価値が生み出される可能性が広がっています。


②メタバースの土地や家に取り込むメリット

メタバース内でNFT技術を用いて土地や家を取り込むことには多くのメリットがあります。


まず、独自のデジタル土地の所有権を確立することが可能です。

従来の不動産取引における物理的な境界を超越し、デジタル空間内で土地を所有する新しい形態を提供します。

建築家やデザイナーは、デジタル土地上で自由に建築を行い、それに対して独自の所有権を確保することができます。


また、NFT技術により、デジタル建築物や家屋に関する情報が透明かつトレーサビリティが確保されます。

建築物の設計、仕様、変更履歴などが完全に記録され、建築物が複数の所有者を経る場合でもそのデジタル履歴を簡単に辿ることが可能です。


さらに、デジタル土地や建築物は取引可能なデジタルアセットとなります。

建築家やデザイナーが創り上げたデジタル建築物がNFTとして取引されることで、新しいビジネスモデルやクリエイティブな価値が生まれます。

建築家やデザイナーは自らのデジタルアートを資産として活用し、新たな収益源を開拓できるようになります。


まとめると、メタバース内でNFT技術を駆使することで、建築家やデザイナーは創造的な活動において新たなフロンティアを切り開き、同時にデジタル土地や建築物を取引可能な資産として展開することができます。これは建築業界における新たな未来を示唆しており、デジタル空間における建築の可能性を拓く革新的な取り組みとなっています。



3.建築メタバースcomonyで空間を理解する

建築メタバースcomonyは、ラストマイルワークス株式会社が運営する建築メタバースプラットフォームです。

comony上では、過去に存在した建築物から未来のスマートシティ計画まで、様々な建築物をメタバース上に建設し、オンラインで公開可能です。

また、実在の建築やアンビルド建築、有名建築家の作品など、多岐にわたる建築を気軽に訪れることができます。


①法人利用と個人利用の場合

法人利用の場合

・別途費用がかかるものの、VR住宅展示場を構築し、広告費を削減することができます。

・リモートでリアルな空間情報を提供し、オンライン集客や販売を効果的に行うことが可能です。

・モデルハウスを再現することで、施工主や設計士と共有し、施工前の段階を効果的に共有できます。

・セミナーや会議の体験会を開催することができ、参加者とのリアルな対話やコラボレーションを通じて、より深いコミュニケーションが可能です。


法人利用の場合、プロジェクトの進捗や課題に関する円滑なコミュニケーションが図れるので、ビジネス利用の際にとても便利なのではないでしょうか。


個人利用の場合

・プラットフォーム上で様々な建築物を鑑賞し、友達と一緒にバーチャル世界を巡ることができます。

・自ら設計した家をcomony上で作成し、友達を招待してバーチャル空間内で会話を楽しむことができます。

バーチャルツアーやイベントに参加することができ、他の建築家の作品やクリエイティブなイベントを通じて、新たな発見やインスピレーションを得ることができます。

・他の建築家の作品を体験し、気に入ったクリエイターをフォローすることで、ユーザーコミュニティに参加し、共通の興味を共有することができます。


個人利用は、建築愛好者や友達とのコミュニケーションを深めたい人には様々な活動が楽しめます。


②建築メタバースcomonyでギャラリーを楽しもう

comonyの建築メタバースは、実在の建築や未完工のプロジェクト、知られざる傑作など、あらゆる建築作品が一堂に揃う空間です。

有名建築家の作品だけでなく、注目を集めていない素晴らしい作品や、訪れたいと思っていた建築も、どなたでも手軽に訪れ、その魅力に触れることができます。

建築作品の魅力を共有し、各々の感動を平等に届けるギャラリーが提供されています。



4.メタバース上で建築する

①メタバース上で使用できる仮想通貨の購入方法

メタバース上で建築するためには、仮想通貨が必要です。

以下は、メタバース上で使用できる仮想通貨を購入する方法です。


STEP 1. 仮想通貨取引所の登録

まず、信頼性のある仮想通貨取引所に登録します。代表的な取引所にはBinanceなどがあります。


STEP 2. 本人確認

多くの取引所では本人確認が必要です。

身分証明書(パスポート、運転免許証など)の写真をアップロードし、所定の手続きを行います。


STEP 3. 口座への入金

登録が完了したら、取引所に口座に日本円や他の通貨を入金します。

クレジットカードや銀行振り込みが利用できます。

取引所によっては、入金手数料がかかる場合があるので、注意が必要です。


STEP 4. 仮想通貨の購入

口座への入金が確認されたら、取引所の画面から購入したい仮想通貨(例: BitcoinやEthereum)を選択し、購入注文を出します。通常は市場価格で即時に購入されますが、指値注文や他の取引方法も選択できます。


STEP 5. ウォレットの設定

仮想通貨は取引所内のウォレットに保管されます。

しかし、セキュリティ上の理由から、外部のウォレットに資産を移すことが推奨されます。

外部ウォレットを使用する場合は、その設定も行います。


初めての方は慎重に進め、特に本人確認やセキュリティ設定に十分な注意を払うようにしましょう。取引所のインターフェースや手続きは取引所によって異なるため、必ず各取引所のガイドを確認してください。


②メタバース上で土地を売買するには

メタバース内で土地を購入するには、まずそのメタバース内で使用されている仮想通貨を取得する必要があります。

仮想通貨の購入方法については、当該メタバースで採用されている通貨に応じて取引所から購入します。

前述の手順を参考に、メタバース内の通貨を保有してください。


メタバース内で土地を売買するには、以下の手順を踏むことが必要です。


STEP 1. メタバース内の土地取引所へアクセス

多くのメタバースには、土地を売買できる専用の取引所が存在します。

取引所にアクセスし、土地の売買画面に移動します。

通常、メタバース内のメニューやポータルからアクセスできるでしょう。


メタバース内で土地を売買するための専用取引所をいくつか紹介します。


1. Decentraland Marketplace (Decentraland)

Decentralandは、仮想現実空間で土地やアセットを所有・取引できるプラットフォームです。

Decentraland Marketplaceは、プレイヤーが土地や仮想アイテムを売買するための中心的な場所です。


2. Voxels(旧Cryptovoxels Marketplace)

Voxels(旧Cryptovoxels Marketplace)は、ブロックチェーン上で構築された仮想世界で、プレイヤーが土地を所有し、建物を構築できます。

Voxelsは、その土地やアートなどのデジタルアセットを取引するためのプラットフォームです。


3. The Sandbox Marketplace (The Sandbox)

The Sandboxは、ユーザーが仮想空間でゲームやアプリを作成し、土地を所有できるプラットフォームです。

The Sandbox Marketplaceでは、これらの土地やアセットの売買が行われます。


4. Somnium Space Marketplace (Somnium Space)

Somnium Spaceは、現実のようなオープンワールドで土地や建物を所有し、取引できるプラットフォームです。

Somnium Space Marketplaceは、土地やバーチャルアセットの売買をサポートしています。


STEP 2. 土地の選択と調査

取引所では、購入を検討している土地を選択し、詳細情報や価格などを確認します。

土地の広さや立地、周辺の環境などをよく調査し、購入の際に考慮します。


STEP 3. 購入注文の出し方

気に入った土地が見つかれば、取引所で購入注文を出します。

注文方法はメタバースや取引所により異なりますが、通常は「購入」や「入札」ボタンをクリックして手続きを進めます。


STEP 4. 取引の確定と仮想通貨の送金

土地の売主が購入注文を受け入れると、取引が確定します。

その後、取引所内で保有していた仮想通貨を送金して土地の代金を支払います。


STEP 5. 土地の所有権の移転

支払いが確認されると、土地の所有権が購入者に移転します。

メタバース内の登記簿やスマートコントラクトによって、所有権の変更が反映されます。



5.まとめ

本記事では、メタバースとは何か、そしてその建築における革新的な活用法に焦点を当てました。

メタバースは、仮想のデジタル空間で、現実社会の制約を超えた創造的な機会を提供します。

NFT技術を用いた建築、建築メタバースcomonyの魅力、仮想通貨の取引方法、そしてメタバース上での土地売買まで、多岐にわたる情報をお届けしました。


建築家やデザイナーにとっては新しい表現の場、法人にとっては広告効果抜群のVR住宅展示場として、そして個人にとっては友達との楽しい会話やバーチャルツアーの参加ができる空間として、メタバースはさまざまなニーズに応えるプラットフォームです。


これからの時代、メタバースは建築やデザインの分野において一層の進化が期待されます。

未知なるデジタルの領域での冒険が、新たな発見や交流をもたらすことを楽しみにしています。

Kommentare


bottom of page