top of page

メタバース建築|プラットフォームと建築事業


「メタバース」という言葉をよく耳にするようになりました。

様々な業界がメタバースへ取り組み始め、建築業界においても「メタバース建築」が脚光を浴びています。

この記事では、メタバース建築の基本から実際のプラットフォーム、建築事業にいたるまで、わかりやすく解説します。



1. メタバース建築とは?

「メタバース建築」は、デジタル空間における建築物の概念を指します。従来の物理的な制約を超越し、仮想の世界で創り上げられた建築物や環境が、私たちの新たな日常やビジネスに影響を与えています。


これは単なる3DモデルやVR空間ではありません。メタバース建築は、建築の原則を取り入れ、仮想の土地上に機能的で美しい構造を築くことを目指します。利用者はその空間を自由に探索し、対話的な体験を通じて新しいアイデンティティを構築することができます。


メタバース建築は、リアルとデジタルが融合した未来の建築の一環として捉えられており、その可能性はまだまだ広がりつつあります。



2. メタバースにおける土地とは?

自分の好きにできる場所

メタバースにおける土地は、従来の物理的な制約を超越し、利用者が自ら好みやアイデンティティに基づいて創り上げることができる仮想の場所を指します。

メタバースでは、実際の土地の制約がなく、空想力や個性が最大限に発揮されます。

個々の好みやスタイルに応じて、独自の空間を構築できるのが特徴です。


メタバースの建築自体を楽しめる

メタバースの土地は、あくまで建築のためのプレイグラウンドとしても機能します。

従来の建築が物理的な労力や資材を必要とするのに対し、メタバース建築ではデジタル上で建築を楽しむことができます。ユーザーは直感的なツールを使って建物やランドスケープをデザインし、そのプロセス自体がクリエイティブな喜びとなります。


売買ができる

メタバースの土地は、実際の土地同様に売買が可能です。

ユーザーは自らが構築した仮想の土地を他の利用者に売却することができ、それによって新たなプロジェクトやアイデアの資金調達が行われます。

メタバース上での経済活動が発展し、新たな価値観やビジネスモデルが生まれています。


賃貸営業ができる

また、土地を賃貸することも可能です。

メタバース上で独自の空間やイベントスペースを提供し、他の利用者に利用料を課すことで、個人や企業が新たな収益源を見出すことができます。

メタバースは新しい形態のビジネスプラットフォームとして注目されています。



3. 建築・空間に特化したプラットフォーム

メタバースにおいて、建築や空間に特化したプラットフォームは、現実の建築プロセスをデジタル空間に持ち込み、クリエイターたちに新たな表現の幅を提供しています。以下はその中でも代表的なプラットフォームと、それぞれの特徴についての詳細です。


Comony(コモニー)

Comonyは、建築や空間設計にフォーカスしたメタバースプラットフォームです。

ユーザーは直感的なツールを使用して、リアルな建築物をデジタル上に構築することができます。

また、リアルな物理法則や光の挙動を取り入れ、建築のプロフェッショナルが求める細かなディテールまで再現されています。

建築家やデザイナーはクオリティの高いデジタル建築を制作でき、利用者はそれを探索することができます。


Mona(モナ)

Monaは、アーティストやデザイナーに向けたメタバースプラットフォームで、建築と空間の美的な側面に焦点を当てています。

ユーザーは自由に美術館やギャラリー、抽象的な空間などを構築し、そこでアート作品を展示できます。

建築や空間が芸術として捉えられ、クリエイティブな表現の場が広がっています。

Monaは美的な要素を大切にし、建築とアートが融合する独自のデジタルエクスペリエンスを提供しています。



4. メタバースに参入している建築事業

メタバースに参入している建築事業は、デジタル空間において新たな建築体験を提供し、未来の建築の在り方を模索しています。

以下はその中でも注目されている建築事業、Metaverse Architecture Lab(メタバース・アーキテクチャ・ラボ)とMETANAVI建築(メタナビ・けんちく)についての詳細です。


Metaverse Architecture Lab(メタバース・アーキテクチャ・ラボ)


Metaverse Architecture Labは、メタバースにおける建築実験とデジタル建築研究を行う組織です。

現実の制約から解放されたデジタル空間において、建築の可能性を追求しています。Metaverse Architecture Labでは、建築家やデザイナーが協力し、新たなデザイン言語や建築手法の開発に取り組んでいます。

未来の都市や住宅のデザインにおいて、新たなインスピレーションを提供しています。


METANAVI建築(メタナビ・けんちく)


METANAVI建築は、株式会社tenshabiによるメタバース建築事業です。

デジタル空間での建築体験をより身近に感じることができるように、様々なプロジェクトを展開しています。

METANAVI建築のプロジェクトでは、仮想の街づくりやイベントスペースの構築など、実際の建築に通じるデジタルなアクティビティが展開されています。

メタバースが建築の創造性と未来のライフスタイルにどのように影響を与えるかを模索しています。



5. まとめ

メタバース建築は、新たな建築体験とデジタル空間の可能性を広げる未来の方向性を示唆しています。

建築プラットフォームとしてのComonyMona、そして建築事業としてのMetaverse Architecture LabやMETANAVI建築が、現実とデジタルの融合を試み、私たちの建築や空間に対する考え方を変革しようとしています。


メタバース建築は、新しいアート、ビジネス、コミュニケーションの形態を生み出し、これからの建築に革新的なアプローチをもたらしています。

デジタルと現実が交錯するメタバースの未来を共に探求していくことで、私たちの建築の新たな時代が始まるでしょう。

Comments


bottom of page