top of page

建築パース制作におけるアングル決定方法


建築パース制作において、カメラの設定は致命的な役割を果たします。

正確なカメラ設定によって、建物や景観がよりリアルで魅力的に描写され、視聴者に印象的な体験を提供することが可能です。


この記事では、建築パース制作におけるアングル決定方法に焦点を当て、プロが意識しているポイントを紹介します。

建築CGを利用する際には、ぜひ以下のポイントを押さえて、魅力的なアングルを追求してみてください。



1. 視点の高さ

建築パース制作において、視点の高さは重要な要素です。

例えば、ローアングルは、空をバックにして建物を撮影することで、ダイナミックで印象的なパースが生まれます。

ただし、ローアングルにすることで手前の地面や小物が見えにくくなるため、シンプルな建物や外観においては効果的です。


逆に、内観や環境のディテールが必要な場合や、飲食店などでは視点を若干上げることで、テーブル上の小物や環境面の情報も視認できるようになります。

適切な視点の高さを選ぶことで、建築パースはより魅力的でバランスの取れた表現が可能となります。



2. 焦点距離の選択

焦点距離の選択は、建築パースにおいて独自の雰囲気を生み出すための鍵となります。

人間の目に最も近いとされる焦点距離は40〜50mmであり、この範囲で撮影することで自然な視界を再現できます。


プロジェクト全体を包括的に表現する場合、短い焦点距離(約25mm)を選択することで、遠近法による歪みが目立たず、広がりのある景観を捉えることができます。

逆に、ディテールを重視する場合は、長い焦点距離(例えば80mm)を使用してみてください。

このアプローチにより、対象物が安定感を増し、より詳細な情報を引き出すことができます。


焦点距離の巧妙な選択は、建築パースに独自性と安定感を与え、プロジェクトの魅力を最大限に引き立てます。



3. 遠近法の利用

建築パースにおいて遠近法を巧みに利用することは、臨場感と奥行きを強調するための重要な手法です。

建物や景観の奥行きを引き立てるために、透視図法を活かして要素を配置することで、立体感あるパースが生まれます。


遠近法を理解し、パース内で建築物や景観の配置に変化をつけることで、現実感と没入感を提供することができます。

建築パースにおいては、遠近法を意識的に活用することで、印象的でリアルな視覚効果を演出することが可能です。



4. アングル決定

アングルの選択は、建築パースにおいて作品に特有の雰囲気を与えるポイントです。

正面からのアングルは、安定感と落ち着いた雰囲気を醸し出し、特にインテリアシーンでは多様に採用されます。

建物の全体像や空間の広がりを的確に伝え、見る人に安心感を提供します。


一方で、角度をつけたアングルは、感情へ訴えかける構図になりやすい特徴があります。

斜めからの視点や適度な仰角・俯角を取り入れることで、建物や景観に動きを与え、見る人に独自の視覚体験をもたらします。


アングルの選定は、建築パースにおいて作品の印象を決定づける重要な要素となります。



5. 三分割構図

三分割構図は、建築パースにおいて視覚的な調和とバランスを生み出すための効果的な手法です。画面を水平方向と垂直方向に3つのセクションに分割することで、構図全体に均等な重心が生まれ、鑑賞者の目が自然に誘導されます。


左右や上下の3つのセクションにはそれぞれ異なる要素や景観を配置することで、全体の調和が生まれ、魅力的なパースが構築されます。

視線の動きを促進し、視聴者に情報をわかりやすく伝える効果があります。

建築パースは統一感と見やすさを兼ね備え、観る者に印象深い体験を提供します。



6. 光を意識する

建築パース制作において、光の配慮は重要な役割を果たします。

建築設計においても、光の取り入れ方は大きな関心事の一つです。

建築パースでは、特に光と影のバランスが魅力を引き立てる鍵となります。光の角度や強度を調整し、影との対比を最大化することで、建物や環境の輪郭が際立ち、視覚的な効果が向上します。


コントラストのある光と影は、建築物の形状や質感を際立たせ、深みと立体感を与えます。

適切な光の配置により、パース全体に奥行きが感じられ、鑑賞者にリアルな印象を提供します。

光を意識的に活用することで、建築パースは生き生きとした表現となり、設計の特長が最大限に引き出されます。



7. まとめ

アングルの選定は、建築パースにおいて作品に特有の雰囲気を与えるポイントです。

正面からのアングルは安定感と落ち着いた雰囲気を醸し出し、斜めからの視点や適度な仰角・俯角を取り入れたアングルは、感情へ訴えかける構図になります。

建築パースの魅力を最大限に引き出すために、様々なアングルの選定を工夫しましょう。

Comments


bottom of page