top of page

【初心者向け】外観パースの種類と制作方法


外観パースは、建築やデザイン分野でプロジェクトの外観を視覚的に表現する重要な手法となっています。

建物の外観デザインをリアルに仮想化することで、クライアントや関係者に対してプロジェクトの魅力を的確に伝えることができます。

本記事では、外観パースに焦点を当て、その基本的な概念から制作方法、おすすめの3DCGソフト、使用シーンまでを詳しく解説します。



1. 外観パースとは?

外観パースは、建築デザインやプランニングのコンセプトをビジュアルに表現するための優れた手法です。

言い換えれば、これは建築物やプロジェクトの外観を、立体的かつリアルなイメージとして可視化するプロセスです。

主に建築家、デザイナー、不動産開発者、そしてクライアントが共通の理解を築き上げ、プロジェクトの進捗を促進するのに役立つツールとして活用されています。


外観パースは、単なる建築の外観を描写するだけでなく、環境や周辺の景観と一体となった姿を示すことができます。

建物がどのように特定の場所やコミュニティにフィットするか、またその影響を評価することが可能になります。

設計のコンセプトを伝え、関係者や利害関係者に建築物の魅力をリアルかつ効果的に伝えることができます。


例えば、建物が都市部に位置している場合、外観パースは周囲の街並みや景観と一体となった様子を詳細に描き、建築がどのようにその環境に溶け込むかを見せることができます。

外観パースは、建築の概念を理解しやすくし、将来の建設や改修の際に参考になります。



2. 外観パースの制作方法

外観パースの制作は、建築デザインのアイディアをビジュアルに具現化するために複数の段階で行われます。以下は、一般的な外観パースの制作方法の基本的な手順です。


STEP 1. アイディアの収集とプランニング

最初に、建築家やデザイナーはプロジェクトの目的やコンセプトを確立し、外観の基本的なアイディアを収集します。この段階で、建物のスタイル、カラースキーム、素材、環境への適合性などが考慮されます。


STEP 2. スケッチと概念図

次に、手描きのスケッチやデジタルツールを使用して、外観の概念図を作成します。これは、建物の形状や配置、周辺環境の要素などを視覚的に表現するための初期のアイディアです。


STEP 3. 3Dモデリング

概念が確定すると、3Dモデリングソフトウェアを使用して建物の精密なモデルを作成します。このステップでは、建物の形状、サイズ、窓、ドア、屋根などの細部が具体的に設計されます。


STEP 4. 照明と材質の設定

3Dモデルが完成したら、照明効果や材質を追加してリアリティを高めます。これにより、建物がどのように光を反射し、どのように周囲の環境に調和するかが見えやすくなります。


STEP 5. カメラの配置とアングルの選定

パースにおいては、見る視点やアングルが重要です。建築物を最も魅力的に表現するために、適切なカメラの配置とアングルを選定します。


STEP 6. レンダリング

モデルと照明が整ったら、レンダリングを行います。これは、3Dモデルを高品質な静止画やアニメーションに変換するプロセスです。


STEP 7. フォトリアルなタッチと仕上げ

最後に、レンダリング結果に仕上げのタッチを加え、必要に応じて写真のようなリアリティを追加します。これにより、外観パースがプロジェクトのビジョンを最も正確に反映するようになります。


外観パースは建築プロジェクトの理解とコミュニケーションを向上させる効果的なツールとなります。



3. 外観パース制作におすすめの3DCGソフト

SketchUp

SketchUpは、直感的なユーザーインターフェースと軽快な操作が特徴。

初心者からプロまで広く利用される。

単純な形状から複雑な建築デザインまで、様々なプロジェクトに対応。


Blender

Blenderは、無料のオープンソース。

強力な3Dモデリングツールと豊富なプラグインが利用可能。

アニメーションやビジュアルエフェクトが必要なプロジェクトに適している。


3ds Max

Autodesk社の3ds Maxは、プロのデザイナーに広く利用される。

高度な3Dモデリングとレンダリングが可能。

外観パースや建築モデリング、プロダクトデザインなど。


Cinema 4D

Cinema4Dは、直感的なインターフェースと強力なモーショングラフィックス機能が魅力。3Dアートやアニメーション制作に向いている。

建築や広告、映画制作など多岐にわたるプロジェクトに使用される。


Lumion

Lumionは、リアルタイムレンダリングが可能。

直感的で迅速に外観パースを作成できる。

クライアントへのプレゼンテーションや迅速なデザイン提案に最適。


これらの3DCGソフトウェアは、外観パース制作において高い品質と柔軟性を提供し、デザイナーがプロジェクトを効果的に可視化するのに役立ちます。



4. 外観パースの使用シーン

外観パースは、建築やデザインプロジェクトにおいてさまざまなシーンで有効に活用されます。

以下に、その主な使用シーンを詳細に説明します。


建築プロモーション

建築企業や不動産開発者は、外部に向けて新しい建築プロジェクトを宣伝するために外観パースを使用します。

美しく表現された外観パースは、未完成の建物や住宅をリアルな形で見せ、投資家や購入者に訴求力を持たせます。


都市計画

都市の拡張や再開発プロジェクトでは、外観パースが都市の変容を視覚化し、計画者や市民に理解を促進します。

提案された変更や新しい建築物の影響を把握しやすくなります。


設計意図の共有

建築デザイナーやエンジニアは外観パースを使用して、設計意図をクライアントやチームメンバーと共有します。

リアルな視覚的表現は、設計者のアイディアや意図を明確に伝え、意見の共有や調整を行うのに役立ちます。


許認可申請

建築物やプロジェクトの許認可プロセスでは、外観パースが提出書類に含まれることが一般的です。

市町村や行政機関に対して、計画された建物や施設の外観を具体的に示すことで、審査を円滑に進めることができます。


プロジェクトデザインの検討

プロジェクトデザイン段階では、外観パースがデザイナーによる検討や提案の一環として利用されます。

異なるデザインオプションを可視化することで、最適なデザインを選択するのに役立ちます。


外観パースはこれらの使用シーンにおいて、プロジェクトの透明性を高め、関係者との効果的なコミュニケーションをサポートします。



5. まとめ

この記事では、建築やデザイン分野で重要な役割を果たす「外観パース」について詳しく解説しました。

外観パースは建築プロモーションや都市計画、設計意図の共有、許認可申請、プロジェクトデザインの検討など、さまざまなシーンで活用されます。

リアルな視覚的表現は、建物やプロジェクトの未来を仮想的に提示し、関係者との円滑なコミュニケーションを実現します。

תגובות


bottom of page