top of page

建築パース作成は外注の方がコスパがよい理由



新築住宅や商業施設の募集広告、企業の新社屋建築など、建築物のプロジェクトにおいては、完成予想図が欠かせない要素となっています。


完成した建物の外観や内部をリアルにイメージできる図面のことを「建築パース」と呼びます。

初期の建築パースは手書きが主流でしたが、現代ではコンピュータによる「CGパース」が主流となり、設計段階から宣伝広告まで幅広く活用されています。


建築パース作成は専門的な知識と経験が必要です。

その上、時間がかかるので、外注することを考慮することも必要です。

建築パース作成の外注は、効果的でコストパフォーマンスに優れた選択肢となります。



1. 建築パース作成は外注の方がコスパがよい理由

建築パースの作成には専門的な知識やスキルが必要であり、手書きパースもしくはCGパースの制作には建築士や3D CGの専門家が必要です。

しかしこのような専門職が建築パースに多くの時間を費やすことは、効率的とは言い難いです。


一方で、外注先を活用することで、効果的かつコスト効率の良い建築パースを入手することが可能です。

外注先には建築パース制作のプロフェッショナルが揃っており、そのスキルを生かして効率よくプロジェクトに取り組むことができます。

企業や建築事務所は専門家の知識を借りつつ、本来の業務により集中できるメリットがあります。


また、外注先には多くのプロジェクトを手がけてきた経験があり、スケジュール通りに制作が進められることが期待できます。時間と労力をかけずに、高品質で効果的な建築パースを取得するためには、外注がコスパの良い解決策と言えるでしょう。



2. 建築パース制作の流れ

建築パースの制作は、専門的な知識とスキルが必要なタスクです。

以下は、一般的な建築パース制作の流れです。


STEP1 プランニングと情報収集

建築パースの制作は、まず建物のプランニングから始まります。建築物の設計図やプランを入手し、制作に必要な情報を収集します。この段階では、建物の用途や特徴、周辺環境などが把握されます。


STEP2 モデリング

次に、建物の3Dモデリングが行われます。この際、建物の形状や構造、素材などが細かく再現されます。モデリングには、3D CGや3D CADのソフトウェアが使用されます。代表的なツールにはBlenderやAutoCADがあります。


STEP3 テクスチャリング

モデリングが進むと、建物にテクスチャが適用されます。これにより、建物の外観や素材の質感が付加され、リアリティが向上します。テクスチャリングも3Dソフトウェアを使用して行われます。


STEP4 照明設定

適切な照明設定は、建築パースの印象を大きく左右します。光の当たり方や影の表現が建物をより魅力的に見せます。照明設定も3Dソフトウェアで調整されます。


STEP5 レンダリング

モデリング、テクスチャリング、照明設定が完了すると、建築パースの最終的なレンダリングが行われます。これにより、建物がリアルな画像として出力されます。


STEP6 修正と調整

完成した建築パースはクライアントに提出され、フィードバックを受けながら修正や調整が行われます。クライアントの意向や要望に合わせ、最終的な仕上がりを決定します。


STEP7 納品

最終的な修正が完了したら、建築パースがクライアントに正式に納品されます。クライアントはこれを活用して、建物の外観やデザインを詳細に確認することができます。


このような流れを経て、建築パースは完成し、プロジェクトの進行やクライアントとのコミュニケーションに活用されます。



3. 建築パース制作の価格相場

建築パースの外注価格は、対象の建築物の特性や複雑さ、利用する素材のタイプや数量、そして仕上がりの品質に依存します。


一般的な住宅と高層マンション、商業施設など、パースの対象物が異なれば3Dモデリングの複雑さや必要な時間、手間も変わってきます。

また、建築パースに取り込む樹木や家具などの素材の種類や数も価格に影響します。


光源や視点の変更、異なる時間帯のパースの追加は追加費用が発生します。

同様に、壁や床の素材変更に伴うパースの追加も同様です。


プレゼンや提案に使用する場合は高精細な画像は必須ではありませんが、広告やコンペの場合は高解像度が要求され、そのためには高精細な3Dモデリングやテクスチャ作成、レンダリングが必要となり、費用も上昇します。


CADデータでの提供が可能なら最もコスト効率が良くなりますが、印刷図面の場合はデータ入力や作成が必要で価格が上昇し、納期も延びます。


CADデータ提供を前提とする場合、一般的な小規模建築のプレゼンや提案用パースは1点4万円程度から始まります。

店舗やオフィスの内観パースは素材が増えるため1点5万円程度からとなり、大規模建築物では1点10万円程度から価格が上昇します。

内観パースは外観パースよりも通常安価です。


広告用途の高品質パースは、プレゼンや提案用に比べて約2倍の価格になります。

例えば、一般住宅の外観パースは1点8万円程度から、内観パースは1点10万円程度から始まり、大規模建築の外観パースは1点20万円程度からになります。

視点や光源設定の変更時には追加費用が発生し、通常の費用の約80%になります。



4. まとめ


建築パースは建築物を立体的に表現するための図であり、多くの場合、専門のパース制作企業に外注して制作されます。手書きパースも使用されることはありますが、一般的にはCGパースの方が費用対効果が高く、制作期間も短いです。


建築パースの制作納期や価格は、建築物の規模、必要なパースの数、配置する素材などに依存します。また、プレゼン用の仕上げ品質と、広告やコンペ用の高精細品質のパースでは価格に大きな差異が生じます。


費用を抑え、制作期間を短縮するためには、できるだけ正確で詳細な図面をCADデータで提供し、使用目的や視点の指定などの仕様を明確にすることが重要です。

Kommentare


bottom of page