top of page

【初心者向け】CGパースの種類・制作方法・価格を徹底解説


CGパースは、建築やデザイン分野で広く利用される視覚化手法です。

略してCG(Computer Graphics)パースとも呼ばれ、建築物やインテリアのデザインを立体的に表現し、クライアントや関係者にプロジェクトのビジョンを伝えるのに欠かせないツールです。


この記事では、CGパースに焦点を当て、その基本的な概念から制作方法、おすすめの3DCGソフトまで、初心者でも理解しやすいように徹底解説します。

建築パースやCGパースに興味をお持ちの方、またはこれから学び始める初学者の方にとって、役立つ情報が満載となっています。

建築デザインの未来を共に探っていきましょう。



1. CGパースとは?

CGパース(Computer Graphics Perspective)は、主に建築やデザイン分野で使用される、コンピュータを活用して作成された視覚化技術の一種です。

建築物やインテリアのデザインやプランを静止画や動画で表現し、リアルなイメージを提供します。


従来の手描きパースや模型制作に代わり、柔軟性があり効率的な手法として広く受け入れられています。

デザイナーはコンピュータ上で仮想的な空間を構築し、照明、色彩、材質などの要素をリアルに再現することが可能です。


この手法は、静止画だけでなく、動画や360度パノラマなども制作可能であり、プロジェクトを立体的に理解するだけでなく、クライアントや一般の観衆により生き生きとプロジェクトを伝えることができます。



2. CGパースの制作方法

CGパースを制作するためには、複数の段階を経てデザインを立体的に視覚化します。

主な制作プロセスは以下の通りです。


モデリング(Modeling)

最初のステップは、建築物や空間の3Dモデルを作成することです。

デザイナーが建築物の形状やプランを仮想的な3Dモデルに変換します。

一般的な3DCGソフトウェア(例: BlenderSketchUp3ds MaxMaya)を使用して、建物の構造や家具、植栽などの要素を精密にモデリングします。


レンダリング(Rendering)

モデリングが完了したら、次はモデルをリアルなイメージに変換するレンダリングプロセスです。

3Dモデルに照明、テクスチャ、カメラの設定などを追加し、高品質でフォトリアルな画像を生成します。

レンダリングエンジン(例: V-RayCorona RenderRedshift)が使用され、光の反射や影、質感などが現実的に表現されます。


レタッチ(Retouch)

レンダリングされた画像は、時折調整が必要な場合があります。

レタッチプロセスでは、画像の色彩補正、合成、効果の追加などが行われ、最終的なCGパースが完成します。

画像編集ソフトウェア(例: Photoshop)を使用して、細部の調整やクオリティの向上を図ります。



3. CGパース制作におすすめの3DCGソフト

CGパースを制作するために利用される3DCGソフトは豊富で、デザイナーやアーティストが好みやプロジェクトの要件に合わせて選択します。以下に、主要な3DCGソフトの簡易な説明を示します。


❶ Blender

Blenderはオープンソースで無料の3DCGソフトで、モデリング、アニメーション、レンダリング、ビデオ編集など、多岐にわたる機能を提供しています。

ユーザーフレンドリーでありながら高度な機能を備え、幅広いプロジェクトに対応できる点が特徴です。


❷ SketchUp

SketchUpは直感的でシンプルなインターフェースを持つ3DCGソフトで、建築家やデザイナーに広く使用されています。

迅速なスケッチから詳細なモデリングまで柔軟に対応し、プラグインの豊富さも魅力です。


❸ 3ds Max

Autodeskの3ds Maxは、モデリング、アニメーション、レンダリング、エフェクトの制作など、幅広いCG制作ニーズに対応します。

建築パース制作においても高い柔軟性と専門的な機能が利用できます。


❹ Maya

MayaもAutodeskの製品で、映画制作やゲーム開発などで使用される高度な3DCGソフトです。

複雑なモデリングやキャラクターアニメーションに特に適しています。


❺ V-Ray

V-Rayは高品質なレンダリングを提供するプロのツールで、3Dモデルを写実的な画像に変換するために使用されます。

多彩なマテリアルと照明効果、高度な設定オプションがあり、特に建築パース制作においてリアルな視覚効果を実現します。


❻ Corona Render

Corona Renderは使いやすさと迅速なレンダリングを特徴とするツールです。

物理ベースレンダリングを採用し、リアルな光と影を再現します。直感的なUIと高いスピードが、効率的なCGパース制作を可能にします。


❼ Redshift

RedshiftはGPUレンダリングに特化したソフトで、高速で効率的なレンダリングが可能です。

大規模プロジェクトや複雑なシーンにおいても優れたパフォーマンスを発揮し、リアルタイムでのプレビューが可能です。


❽ Photoshop

Photoshopは写真編集やグラフィックデザインの分野で幅広く使われているソフトウェアで、CGパースのレタッチや仕上げ作業にも適しています。

多彩なツールとフィルターがあり、最終的な仕上げに利用されます。



4. CGパースの種類

外観パース

外観パースは建物の外部デザインを視覚的に表現するもので、建築物の外観や周辺環境をリアルなイメージで捉えます。

外観パースはプロジェクトの提案段階から完成予想図として広く使用され、建物がどのように見えるかを確認するために不可欠です。


内観パース・インテリアパース

内観パース・インテリアパースは建物や室内空間の内部デザインを視覚化する手法です。

部屋の配置、家具、照明などを具体的に表現し、クライアントや関係者にリアルな内部空間を伝えるのに役立ちます。

特に住宅や商業施設のデザインにおいて重要なツールとなっています。


鳥瞰パース

鳥瞰パースは上空から全体を俯瞰した視点で描かれたCGパースです。

建物やプロジェクトの全体像を一目で把握でき、周辺環境や配置のバランスを確認するのに適しています。

都市計画や大規模プロジェクトの提案時に、プロジェクト全体の概念を示すために活用されます。



5. CGパースの使用シーン

CGパースは様々な場面で活用され、プロジェクトの理解や進捗の可視化に大きな貢献をしています。


建築プロポーザル

建築事務所やデベロッパーは、建築プロジェクトの提案段階で外観パースを使用して、建物の外観やデザインをクライアントに視覚的に伝えます。

プロジェクトの魅力や特徴を強調し、契約獲得に寄与します。


内部デザイン

インテリアデザイナーや住宅建築家は、内観パースを通じて部屋の配置や家具の配置、カラースキームなどをクライアントに視覚的に提示します。

クライアントとのコミュニケーションが円滑に進み、共通のビジョンを確立できます。


都市計画

大規模な都市計画プロジェクトでは、鳥瞰パースが活用されます。

市街地や地域全体の概念を理解し、開発の方向性を示すために役立ちます。

都市のスケール感を伝え、緑地や交通インフラの配置を可視化します。


不動産マーケティング

不動産業界では、完成予想図や内観パースが販売促進に利用されます。

プロジェクトのポテンシャルを引き立て、購買意欲を高めるために、リアルなCGパースが重要なツールとなります。


これらの使用シーンにおいて、CGパースはプロジェクトの魅力や特徴を最大限に引き出し、ステークホルダーとの共感を生み出します。



6. CGパース制作にかかる費用と時間

CGパースの制作にかかる費用と時間は、プロジェクトの複雑さや要件によって異なります。以下は、一般的な目安となる相場と制作時間の例です。


外観パース

費用: 50,000円から200,000円程度(単一画像)

時間: 1週間から3週間


内観パース・インテリアパース

費用: 80,000円から250,000円程度(単一画像)

時間: 2週間から4週間


鳥瞰パース

費用: 100,000円から300,000円程度(単一画像)

時間: 3週間から6週間


これらの費用には、モデリング、テクスチャリング、ライティング、レンダリング、そしてクライアントのフィードバックに対する修正作業が含まれています。

また、高度なクオリティや追加の要素(夜景、季節変化など)が必要な場合は、それに応じて費用と制作時間が増加することがあります。


なお、これらはあくまで一般的な目安であり、個別のプロジェクトや制作会社によって異なります。



7. まとめ

CGパースは、建築やデザイン分野で欠かせないツールとなっています。

CGパース制作においては、クオリティや要件によって費用と制作時間が変動することを理解しましょう。

プロジェクトに合ったバランスを見つけ、クリエイティブなビジョンを実現する手助けとなることでしょう。

Yorumlar


bottom of page