top of page

【初心者向け】CGパースとは?種類、制作方法や価格を徹底解説



近年、建築やデザインの分野で、プロジェクトのビジョンをリアルに具現化する手段として、コンピュータグラフィックス(CG)が注目を集めています。

その中でも特に重要な役割を果たしているのが「CGパース」です。

建築物や空間がどのように見えるかを立体的に表現するCGパースは、プロジェクトの理解を深め、コミュニケーションを円滑にする重要なツールとなっています。


この記事では、CGパースに焦点を当て、その基本的な概念から始まり、種類、制作方法、そして価格にいたるまで、徹底解説していきます。



1. CGパースとは?

CGパースは、建築やデザイン分野で用いられるツールで、コンピュータグラフィックス(CG)を活用してプロジェクトのビジョンを具現化する手法です。

単なる平面のスケッチや言葉では表現しきれない、建築物や空間の雰囲気や特徴を生き生きと描写できる点にあります。

コンピュータ上で再現されるリアルな景色や光の影響、質感などは、デザイナーとクライアントの間で共通の理解を生み出し、プロジェクトに対する期待値を具体的な形で確立することができます。


また、デザイナーにとっては、アイデアやコンセプトをリアルなイメージに変換する手段として欠かせない存在です。

プロジェクトの全体像を俯瞰し、デザインの優れた側面を強調することができます。

一方で、クライアントにとっては、理想的な建築や空間の外観を事前に把握できるため、プロセスがスムーズに進行し、期待を満たす結果を生み出しやすくなります。


デザインの説得力を高め、設計段階での調整や変更を柔軟に行うことができるというメリットがあります。

デザイナーは、コンピュータ上でプロジェクトを直感的かつ即座に構築することが可能です。

プロジェクトの品質向上や予算内での調整がスムーズに行えるようになります。



2. CGパースの制作方法は?

CGパースの制作方法

CGパースの制作において、主に3Dモデリングソフトウェア(Blender, SketchUp, AutoCAD)が活用され、建築物や空間のモデルが具現化されます。


このモデルにリアルな質感を与えるためには、テクスチャリングソフトウェア(Substance Painter, Photoshop)が利用され、壁や床、天井などに適切な質感が追加されます。

その後、レンダリングエンジン(V-Ray, Arnold, Lumion)が登場し、3Dモデルを高品質でリアルな2D画像に変換します。


デザイナーはカメラ設定ツールを使用して、CGパースにおける最適な視点を設定し、最終的な仕上げはイメージ編集ソフトウェア(Photoshop)で行います。

こうして洗練されたCGパースが完成します。

では、実際にどんな工程を経てCGパースが完成するのか、説明します。



CGパースの制作工程

STEP1. プロジェクトブリーフの受領

デザイナーは、クライアントからプロジェクトブリーフ(例: 新しく建設される住宅プロジェクトなど)を受け取ります。

この時、クライアントが希望する住宅の雰囲気や要件、予算などを詳細確認します。


STEP2. 概念設計と視点の選定

初期の概念設計では、デザイナーはクライアントとのコンセプトミーティングを通じて、住宅のデザイン方針や特徴を練ります。


STEP3. 3Dモデリング

デザイナーは3Dモデリングソフトウェア(例: Blender)を用いて、住宅の細部までモデリングを行います。

例えば、各部屋の家具配置や窓の形状、外観のデザインなど、細部へのこだわりがリアリティを生み出します。

これにより、プロジェクトの特有の要素が視覚化され、完成形の予想が容易になります。


STEP4. テクスチャリングとマテリアル設定

モデリングが完了したら、デザイナーはテクスチャリングソフトウェア(例: Substance Painter)を使用して、壁や床などにリアルな質感を与えます。

例えば、木の床材に木目のテクスチャを適用することで、自然な雰囲気を演出します。


STEP5. カメラ設定とライティング

デザイナーは、カメラ設定ツールを使用して、住宅内部や外部など様々な角度から調整を重ねます。

同時に、レンダリング時に光が適切に反映されるようにライティングを調整します。


STEP6. レンダリング

デザイナーが慎重に設定したカメラアングルやライティングが揃ったら、レンダリングが始まります。

ここでは、選ばれた視点からの光の当たり具合や影、材質の反射などが緻密に計算され、CGモデルが生き生きとした2D画像へと変化していきます。

例えば、陽光が部屋に差し込み、床に影を投影する様子が写実的に描かれ、住宅の雰囲気が効果的に伝わります。


STEP7. レタッチ

レンダリングが完了した画像には、デザイナーが繊細な手法でレタッチを施します。

色調補正により、日の光の温かみや空の色調を微調整し、CGモデルにより一層の自然さを与えます。また、合成技術を用いて、CGモデルと周囲の環境をシームレスに融合させ、CGパースの没入感を向上させます。

この段階でのレタッチは、CGパースが完成形に近づく重要な工程であり、デザイナーの芸術的なアプローチが光ります。


STEP8. 提出と修正

制作が完了したCGパースは、クライアントに提出されます。

クライアントからのフィードバックを受け、必要に応じて修正や調整が行われ、最終的なCGパースが完成します。

クライアントが納得するまでコミュニケーションが続けられ、プロジェクトの進行が円滑に行われます。



3. CGパースの種類

建築やデザイン分野では、プロジェクトの異なる側面や要素を効果的に伝えるために、様々な種類のCGパースが利用されます。

各パースは独自の特徴を持ち、プロジェクトの特定の側面を強調することに適しています。

その中から、主要な5種類のパースについて、解説します。


1. 外観パース(エレベーションパース)

建物の外観や外部デザインを視覚的に表現するパース。

建物の正面や側面からの視点を通じて、高さや窓の配置、外部仕上げなどをリアルに描写し、建築デザインの特徴を強調します。

外観パースはデザインの初期段階からクライアントや関係者に対してプロジェクトのビジョンを具体的に示すのに役立ちます。


2. 内観パース

建物や部屋の内部をリアルに表現するパース。

内部の配置、家具、照明などが詳細に描かれ、空間の雰囲気やデザインコンセプトをクライアントにわかりやすく伝えます。

プロモーションやデザインの確認において、内観パースはプロジェクトのインテリアデザインを視覚的に提示します。


3. 全景パース(パノラマパース)

360度全方位を描いたパースで、周囲の風景や環境を含めた視野を提供します。

バーチャルツアーやプロジェクトの全体像を把握する際に使用され、建物がどのように周囲と調和しているかを視覚的に理解できます。


4. 平面配置パース

建物やプロジェクトの平面配置や配置図を視覚的に表現するパース。

各部屋やエリアの配置、広さ、関連する地勢などを示し、プロジェクト全体の構造や配置に関する理解を深めます。

プロジェクトの計画段階で使用され、スペースの最適な配置を示すのに役立ちます。


5. プロダクトパース

製品や商品の特徴やデザインを視覚的に表現するパース。

製品の外観や機能、使用シーンをリアルに描写し、製品の魅力を強調します。

製品デザインやマーケティングの際に、クライアントや消費者に対して製品のイメージを効果的に伝える手段として活用されます。



4. CGパース制作にかかる時間と費用

CGパース制作にかかる時間と費用はプロジェクトの規模や要件によって大きく異なります。

以下は一般的な傾向としての時間と費用の目安です。

これらはあくまで目安であり、具体的なプロジェクトによってはこれらの範囲を大きく上回ることもあります。


一般的な住宅の外観パースの場合

時間:1つあたり約1週間から2週間

費用:1つあたり約10万円から30万円


レストランやオフィスの内観パース

時間:1つあたり約2週間から4週間

費用: 1つあたり約20万円から50万円


公共施設や大規模な建築プロジェクトのパノラマパース

時間:1つあたり約2週間から4週間

費用: 1つあたり約30万円から80万円


住宅のフロアプランのレイアウトパース

時間:1つあたり約1週間から2週間

費用: 1つあたり約10万円から20万円


家電製品や家具のプロダクトパース

時間:1つあたり約1週間から2週間

費用:1つあたり約5万円から20万円


これらはあくまで一般的な傾向であり、プロジェクトの複雑さや要望によって変動します。

プロジェクトの詳細な要件を考慮した上で、CGアーティストとの相談を通じて具体的な見積もりを取ることが重要です。



5. まとめ

CGパースは建築やデザイン分野でプロジェクトのビジョンを伝える強力な手段となっています。


外観、内観、全景、平面、プロダクトなど、様々な種類があり、それぞれがプロジェクトの異なる側面を強調します。

制作方法や価格について理解することで、クライアントやデザイナーはプロジェクトをより効果的に計画し、ビジョンを具現化する手助けを得ることができます。


CGパースは創造力と技術の融合であり、プロジェクトをより魅力的かつリアルに表現する鍵となります。

未来の建築やデザインに向けて、CGパースの可能性を探索してみてください。

Comments


bottom of page