top of page

【価格公開】建築CGパースの費用


建設業界において、建築パース作成の需要が高まる中、多くの企業が作業工数を節約し、メイン業務に集中するために、外部の専門家やサービスに頼る傾向が顕著です。

特に、図面起こしやBIMを含む建築デザインにおいて、適切なスキルセットを持つスタッフの確保は課題となっています。


本記事では、建築パースの価格相場や外注のメリット・デメリットに焦点を当て、効果的な外注方法について解説します。

建設業界の方々にとって、建築パースの外注がもたらすメリットを探ります。



1. 建築パースの価格相場について

建築パースの価格相場は、種類や対象物件によって異なります。

一般的な価格帯では、住宅の外観パース・内観パースが約45,000円からスタートし、高層ビルなどの大規模物件では外観パースが約150,000円、内観パースが約50,000円からとなります。

一方で、日本企業による外注先として、アジア圏の企業が注目されています。

例えば、ベトナムやネパールでは人件費が比較的低いため、建築パースの外注が一般的となっています。

外注先を選ぶことで、通常の日本の外注相場よりも30%以上もコストを削減でき、住宅の外観パースは30,000円~、内観パースは30,000円、大規模物件の外観パースは70,000円~、内観パースは40,000円~となります。



2. 海外へ建築パースを外注するメリット

コスト削減

海外の人件費が低い国々に外注することで、建築パース作成にかかるコストを大幅に削減できます。

予算内で多くのプロジェクトに取り組むことが可能です。


スキルと経験の活用

外注先のCADセンターは熟練した専門家から成るチームで構成されています。

彼らの高度なスキルと経験を利用することで、高品質でプロフェッショナルな建築パースを得ることができます。


迅速な対応

時差を利用することで、24時間体制で作業が進められます。

作業の迅速な進行とプロジェクトの早期完了が可能です。


多言語サポート

外国のCADセンターは多くの場合、英語をはじめとする多言語に対応しています。

円滑なコミュニケーションができ、プロジェクトがスムーズに進行します。



3. 海外へ建築パースを外注するデメリット

コミュニケーションの課題

文化や言語の違いからくるコミュニケーションの課題が発生する可能性があります。

正確な要件の伝達が難しくなることがあります。


セキュリティの懸念

重要な設計データや図面を外部に委託するため、データのセキュリティに関する懸念が生じることがあります。

安全性を確保するためには信頼性の高い外注先の選定が重要です。


品質の一貫性

外注先の品質管理が厳しくない場合、作業の一貫性に欠けることがあります。

プロジェクト内での品質のばらつきが生じる可能性があります。


法的な問題

異なる国との契約や法的事項に関する理解が必要です。

契約書や法的な問題に対する正確な知識が求められます。


海外への建築パースの外注は、メリットとデメリットのバランスを考慮しながら、慎重に計画・実行する必要があります。



4. まとめ

建築業界では新たな人材の必要性が高まり、建築パースの外注が注目されています。

2023年以降、BIMの原則適用に伴い、建築パースの作成ニーズが一層拡大する見込みです。

価格面での比較や品質向上のために、海外への外注も一つの有力な選択肢です。

ただし、コミュニケーションやセキュリティなどの懸念点も念頭においた上で、信頼性の高い外注先を検討することがポイントです。

Comentários


bottom of page