top of page

建築パースの詳細解説と外注先の選び方



建築パースは、建築物や空間を視覚的に表現するための図面で、プロジェクトのデザインや提案に欠かせないツールとなっています。

建築パースは、建物の外観や内観、庭園などをリアルな立体的なイメージで描き出し、クライアントや関係者に理解しやすく伝える役割を果たします。

この記事では、建築パースについて基本から解説し、外注先の選び方までをご紹介します。



1. 建築パースとは?

建築パースは、建築デザインや提案を視覚的に表現するための手法の一つです。

言葉や図面だけでは伝えきれない建物の外観や雰囲気を、立体的でリアルなイメージとしてクライアントや関係者に伝えるために利用されます。


建築家やデザイナーが考えるデザインコンセプトを具現化し、プロジェクトの全体像をわかりやすく提示する役割を果たしています。

プロジェクトの可視化だけでなく、コミュニケーションツールとしても重要です。

クライアントや関係者との意思疎通を円滑にし、理想の建物を共有するための有力な手段となっています。



2. 2種類の建築パース

① CGパースとは?

CGパースは、コンピューターグラフィックス(CG)技術を用いて建築デザインを仮想的に再現する手法です。

3Dモデリングソフトウェアを使って建築物やインテリアを立体的に制作し、それをレンダリングして平面に描写します。

CGパースの最大のメリットは、高度なリアリティと精密なディテールの表現が可能なことです。

光や影、素材の質感などがリアルに再現され、プロジェクトの実現イメージを効果的に伝えることができます。


CGパースにおける主なツール


CGパースはデジタルな環境で作業するため、修正や変更が比較的容易であり、進行中のデザインプロセスに柔軟に対応できます。


② 手書きパースとは?

手書きパースは、アナログな手法で建築デザインを視覚的に表現する手法です。

主に水彩や色鉛筆、マーカーなどの伝統的な美術材料を使用し、紙やキャンバスに描かれます。

デザイナーの手仕事による独特の表現力と、温かみや質感を表現できることが魅力です。

手書きパースはクライアントに親しみやすく、プロジェクトのコンセプトや雰囲気を感じさせるのに役立ちます。



3. 建築パースの種類

① 外観パースとは


外観パースは建物の外部デザインを具体的に描写する手法です。

建物のファサードやエレベーションを視覚的に表現し、外観のデザイン要素や素材感を強調します。

建築物がどのように周囲の環境に調和し、どのような印象を与えるかがクライアントや関係者に伝わります。


② 内観パースとは?


内観パースは建物の内部デザインや配置を詳細に示すものです。

部屋の配置や家具の配置、光の取り入れ方など、内部空間の構成や雰囲気をリアルに視覚化します。

プロジェクトの内部空間における機能性や快適性がクライアントにわかりやすくなります。


③ 鳥瞰パースとは?


鳥瞰パースは高い位置から建物やプロジェクト全体を見下ろした視点で描かれるものです。

建物の配置や環境との関係性が視覚的に理解され、プロジェクトの全体像がわかりやすくなります。

大規模な敷地や複合施設のプランニングにおいて、有用な視点となります。



4. VR×CGパースとは?

VR×CGパースは、建築パースをより没入感のある仮想現実(VR)空間で体験できる技術の一つです。

CG(コンピュータグラフィックス)技術とVR技術を組み合わせ、建物や空間を臨場感豊かに再現します。

主に以下の要素が特徴的です。


CG(コンピュータグラフィックス)技術

VR×CGパースでは、建物や景観などのデザインをコンピュータ上で立体的にモデリングします。

リアルな質感や光の表現が可能となり、従来の建築パースよりも詳細で臨場感のある映像を制作できます。


仮想現実(VR)技術

VR技術を活用することで、ユーザーは専用のVRヘッドセットやデバイスを通じて、建物や空間を仮想の現実空間で歩き回るかのように体験できます。

視点の変更や動きに合わせて映像がリアルタイムに変化し、プロジェクトの理解を深めるのに貢献します。


デザイン確認とプレゼンテーション

VR×CGパースは、建築プロジェクトのデザイン確認やクライアントへのプレゼンテーションにおいて非常に役立ちます。

クライアントは仮想現実空間で建物の外観や内部空間を直感的に理解し、設計者とともに細部まで共有できるため、誤解や不明確な点を事前に解消することができます。


VR×CGパースは、建築プロセスにおいてより効果的で没入感のあるコミュニケーションを可能にし、プロジェクトの進行やクオリティ向上に寄与します。



5. 建築パースを利用するメリット

視覚的な表現

建築パースはデザインやコンセプトを視覚的かつリアルに表現するため、クライアントや関係者がプロジェクトの全体像を把握しやすくします。


意思疎通の円滑化

言葉や図面だけでは伝えにくいアイデアや概念を、リアルなイメージとして相手に伝えることができ、コミュニケーションを円滑にします。


デザインの検討

パースを通じて建物の外観や内部空間を可視化することで、デザインの検討や修正がしやすくなります。問題点や改善点が明確になります。


プロジェクトのセールスポイント

パースは建物の魅力を引き立て、プロジェクトのセールスポイントを強調する効果があります。販売やマーケティングに有利です。



6. 失敗しない外注先の選びかた

建築パースを外注する際、外注先の選定はプロジェクトの成功に大きな影響を与えます。失敗しないためには以下のポイントを注意深く検討しましょう。


① 実績が豊富

外注先の実績は信頼性の指標です。これまでに手がけたプロジェクトやクライアントの満足度を確認しましょう。実績が豊富な企業は、異なるスタイルや規模のプロジェクトにも柔軟に対応できる経験を積んでいます。


② 丁寧な対応

コミュニケーションは円滑なプロジェクト進行に不可欠です。外注先が丁寧かつ迅速な対応をしてくれるかどうかを確認しましょう。質問やリクエストに対する迅速で理解しやすい回答は、プロジェクト全体の円滑な進行を支えます。


③ 適正価格

適正価格でサービスを提供する企業を見つけることは重要です。価格が高すぎれば予算を超過し、低すぎればクオリティに不安が残ります。競合他社と比較し、価格と品質のバランスを見極めましょう。


④ アフターフォロー

プロジェクトが終了しても、アフターフォローがきちんとされているかも確認しましょう。修正や追加の要望が生じた場合、迅速に対応してくれる外注先は信頼性が高いです。


これらのポイントを考慮することで、外注先の選定がより慎重で成功に結びつくことでしょう。



7. まとめ


建築パースはプロジェクトのビジョンを共有し、ステークホルダーとのコミュニケーションを強化する重要なツールです。

正確かつ効果的なパースを作成し、適切な外注先を選ぶことで、建築プロジェクトの成功に一層近づくことでしょう。

留言


bottom of page